特殊清掃後の確認をする作業員

こすもが出来る事

こすもは神戸・関西エリアを拠点にコロナウイルス清掃、特殊清掃、不用品回収

遺品整理、生前整理を主にしたお片付け事業を行っています。

このページではこすもの事業内容について少し詳しくご説明いたします。

こすもがどういった業者かを知って頂いたうえで

清掃・整理のことは何でもお気軽にご相談ください。

こすもの業務内容

不用品を回収して積み込んだトラック

不用品回収

個人や法人から依頼を受けたものを回収することを言います。回収している物は、家具や家電、生活用品、事務用品など様々です。

また、いつからあるのか自分でもわからないような生ごみが放置されていたり、部屋中に食べ散らかしたごみが散乱していたりと、とにかく部屋に入るのも嫌になってしまいそうな汚部屋で暮らしている人も少なくありません。このような汚部屋のお片付けにも不用品回収サービスが役立ちます。

遺品整理

遺品整理とは、亡くなった人の持ち物を整理し、部屋をきれいに清掃する事です。多くの物をスッキリと片付ける、という点で大掃除と同じ感覚を持つかもしれませんが、掃除の性質は異なります。

遺品を見ると故人を思い出してしまって手が付けられない、実家が遠方で整理に行く時間がない、仕事が忙しく遺品整理をする時間が確保できないetc・・・そんな時にご利用ください。

整理されてスッキリした和室
生前整理について考えているおばあさん

生前整理

生きているうちに自分の財産や持ち物などを整理して、不要な物や遺族が処分に困るものをあらかじめ処分しておくことです。人生後半期に向けた身じまいです。

また、高齢になって子供と同居したり、高齢者住宅や介護施設等に入居したりするときには、家の中がゴミ屋敷のようになってしまって、自分や家族が生活しづらい場合や、介護する人が困るという場面もあるでしょう。これらのように死後に備えるのではなく、生前に必要に迫られて荷物の処分を「生前整理」と呼ぶ場合もあります。

特殊清掃

一人暮らしの住民が孤独死したお部屋や、自殺や殺人現場・死亡事故の現場となった場所を現状回復するために専門の技術を持った業者が行う清掃作業のことをいいます。独居高齢者が増えた時代背景もあり最近ニーズが増えているご依頼です。

この様な場所では、血液や体液などによる汚れが付着していますし、遺体の発見が遅れた場合には、目を覆いたくなるような現場となっている場合も多いです。ここまでくると、通常のハウスクリーニングでは対処が困難です。中途半端な清掃ではお部屋の退去後に大家さんや管理会社とトラブルになりかねないので、通常のハウスクリーニングよりも、特殊清掃ができる業者へ依頼することをおすすめします。

特殊清掃中の看板と清掃道具
コロナウイルス清掃する清掃員たち

コロナウイルス消毒・感染予防除菌作業

新型コロナウイルスCOVID-19の除菌・消毒作業を行っております。一般家庭・店舗・オフィス・施設・工場・学校・医療施設まで幅広く対応しております。厚生労働省監修のガイドライン「感染症法に基づく消毒・滅菌の手引き」に基づき、アルコール及び次亜塩素酸及び光触媒を使用し作業現場に合わせた最適な方法で除菌・消毒作業を行います。感染予防除菌作業も承ります。

弊社は日本でこれ以上の感染拡大を本気で止めたいと思っております。プロとして、1日も早い終息と経済の復興を願い、全力で取り組んでまいります。

お問い合わせ

お掃除本舗こすも

〒652-0047
兵庫県神戸市兵庫区下沢通り8丁目4-33

Tel.0120-985-970
メールフォームはこちら➡

ページトップへ